ニュース

【悲報】首里城焼失火災の原因は?!沖縄出身の芸能人からも落胆の声が…

沖縄県の歴史と文化のシンボルである首里城が10月31日に、火災で全焼した。


これは、沖縄県民だけでなく、日本全国、世界中が悲しんだニュースである。

木造の正殿を含め計7棟4836平方メートルが焼け、主要施設である正殿はほぼ全焼した。

正殿には琉球最古の絵師の作品などが保管されていて、この火災とともに重要文化財も失くなってしまった。

首里城焼失火災の原因は?!

首里城の火災の原因は、未だ特定されておらず、調査中であるが、

発生した時間帯や、あまりにも激しい燃え方から「放火」という声が多数上がっている。

外国人が火をつけた、中学生が焚き火をしていた、など特定できない情報や

YouTuberが自分が犯人だと名乗り出たりと、裏付ける証拠がない中で、このような情報がネットで流れている。

首里城の造りは火が燃え移りやすい??

出火元は特定ができないが、あれだけ燃え上がった理由は首里城の造りにも原因があったと言われている。

正殿が木造の漆塗りであったことが、あれだけの時間燃え続けた原因かと言われている。

また、貴重文化財でもあるにも関わらず、スプリンクラーの設置が無く、

今までも推奨も把握もしてこなかったという。

この問題は、全国各地の文化財の維持に今後関わってくる問題になりそうである。

芸能人からも落胆の声が・・・

沖縄出身の芸能人からも悲しみの声が上がっている。

りゅうちぇるのインスタグラムにて。

 

 

仲間由紀恵や島袋寛子も悲しみの声や再建の希望をネットで挙げている。

まとめ

首里城が全焼し、沖縄県民は涙を流して途方に暮れている。沖縄を象徴するシンボルが消えてしまったこの悲しみは消えることはない。

原因はまだ特定されていないが、早く現場検証し一刻も早く原因を突き止めてほしいと思う。そして首里城再建を国民の一人として願う。