健康

【コロナには緑茶カテキン!】エピガロカテキンガレートの秘密と日本人のコロナによる死亡率が低い理由

新型コロナウイルスの感染者が世界中に拡大しています。毎日報道される感染者と死亡者の数字を見て

いつまで続くかわからない不安を誰もが抱えていると思います。このウイルスの怖いところは、いつ誰がかかっても

おかしくない点です。

外出自粛や栄養の摂れる食事・睡眠を心がけ、手洗いうがいや消毒を毎日行うこと

これらは毎日呼びかけられていることですね!もちろん大切なことですが、

今回は「緑茶」のカテキンが抗ウイルス、コロナの治療薬の一つになるかもしれないことが分かってきました!!

カテキンパワーの秘密~「エピガロカテキンガレート」って知っていますか?

ウイルスと戦うカテキンという言葉は皆さんも聞いたことがあると思います。

緑茶のポリフェノール(苦味や色素)に最も多く含まれているのがカテキン。

このポリフェノールは除菌に効果があることも国立がんセンターの研究で確認済み

最強の抗酸化物質で

強い抗菌・抗毒作用/がん発生率の低下/がん細胞の増殖抑制→死滅

感染症の下痢/シワの予防  などの効果があると研究から報告されてきています。

こんなカテキンの中にも、コロナ対策で最も有効なカテキンが

EGCG(エピガロカテキンガレート)」です!!!!

緑茶に多く含まれているEGCGは、

病気の原因となる菌やがん細胞の増殖を抑えて死滅させることにとても効果的であると

公開された論文でわかりました。

日本人のコロナによる死亡率が低い理由

新型コロナウイルスによる人口10万人あたりの死亡者数は3月31日現在で、

イタリア 10.3人

日本   0.03人

イタリアの1/330

スペインの1/190

と、かなり少ないのです。その理由は、日本人の食習慣にあるようで、

日本人の私達が日常的に飲む緑茶に含まれる「EGCG(エピガロカテキンガレート)」を

日頃から摂っているからではないかと言われています。

エピガロカテキンガレートは緑茶にしか含まれていないカテキンの一種です!

まとめ

日々のニュースでも日本人の感染者数と、死亡者数が世界に比べてなぜこんなに低いのかと

疑問に思っていました。この数字を低くさせているのが「緑茶」だけに限られるわけでは

ありませんが、日本人の生活習慣が影響してきていることは間違いないです。

コロナ対策のためだけに限らず、温かい緑茶を飲み、自分で自分を守れる身体づくりを

していきましょう!!

「日本人で良かった~!!!!」